異国空間

‐サウジアラビアの空を見上げて‐

帯同生活541日目最近の猫事情

去年の6月からうちに居着いていた猫たち。abaya17.hatenablog.com

餌付け成功順にいちごう、にごう、さんごうと呼んでいたけど
さんごうは秋頃から、そしていちごうも12月中旬から見かけなくなり
にごうのみとなっていた。

f:id:chikoichi:20190323175040j:plain

f:id:chikoichi:20190330175726j:plain

一番、懐いてくれていたにごう。
あまりの可愛さに今年になってからは日に数時間ほどは家の中にも入れていた。
部屋でも大人しく椅子の上で寝ている姿が愛らしかった。。。

f:id:chikoichi:20190412094510j:plain

Instagram post by ちぇり • May 21, 2019 at 11:40am UTC

ずっとうちに居るわけではなく、朝晩と餌やりの時間以外は、割と行動範囲が広かったにごう。夫の帰宅時間に併せて、庭先で抱きながら夫の帰りを待っていた。
甘えん坊で膝の上が大好きだったにごう。にごうの事を可愛がりすぎなんじゃないの〜?と夫がよくヤキモチを焼いていました(笑)
そんな夫もたまににごうが姿を見せないと、私以上に心配して探し回っていたけどね。
夫婦揃って、にごうの姿に癒されていたのです。

Instagram post by ちぇり • May 21, 2019 at 11:44am UTC

そんなにごうもお年頃なのか雌猫ちゃんが気になる模様。
ロミオとジュリエットのように、猫撫で声が数時間続いた事もあったっけ。
にごうお気に入りのにゃんこは、にごうにも私にもつれない塩対応だったのでソルティーと呼ぶことに。

f:id:chikoichi:20190519165126j:plain

Instagram post by ちぇり • May 21, 2019 at 11:40am UTC

そんな猫に囲まれた楽しい日々だったのですが、先月中旬から突然来なくなってしまったにごう。今まで来なかった最長日数が4日間。
その時はびっこ引いて戻ってきたので、また喧嘩でもして怪我しているのかと案じていた。日に何度も外に出て、にごうが訪れていないか確認したり、夫と一緒に近所を歩き回って探し回る日々が続きました。

にごうが居なくなってから2回夢に見た。
1度目は背中がザックリ切られて血を流しているにごう。
2度目は元気に庭で遊んでいた。
夫も夢に見たと言っていた。

令和になっても姿を見せないまま、現在に至ります。
スマホの待ち受けもにごうにしているし、沢山撮った動画や写真を見ると泣けてくる。。。あまりしたくない想像だけど、もう虹の橋を渡ってしまったのかな。野良猫の寿命が短いと言われているのも、家猫とは違って過酷な環境下に置かれているからなんだろうね。。。

因みに、にごう母は今でも健在。時折、我が家に訪れます。
母は強しといったところなのでしょうか。
にごうと柄が似ているので、居なくなった当初は、見間違えてドキっとしていた。にごうとは違い、全く懐かないばかりか、ソルティーを見ると意地悪をしたりするので、にごうを産んでくれた猫だけど胸中は複雑です。。。

f:id:chikoichi:20190403170615j:plain

ソルティーにも漸く15センチの距離までには近づくことができたけど、まだまだ警戒心が強く懐いているとは言い難い状況なのが切ない。

にごうロスで、ここ1ヶ月は心がザワついていたのでした。